【初心者向け】哲学科卒がニーチェの超人思想について簡単に説明するよ

哲学

最近さ、ニーチェが流行ってるよね。でもいきなり原書を読む勇気も出ないし…。「超人」って何なの?

そうだね。いきなり哲学書ってとっつきにくいんだよね。今回はニーチェの根本的な思想でもある「超人思想」を1000字でまとめるよ。

 

ニーチェの思想は、究極的にポジティブだ!

 

みんなはニーチェって聞いて何を思い浮かべるかな?

ニーチェ自身が晩年重い精神病を患ったりしたこともあって、なんとなく暗いイメージの人もいるんじゃないかな。

でも、ニーチェの思想はまったく逆で非常にポジティブだ。

それこそ、ポジティブすぎるくらいに。

 

神は死んだ。これからは超人の時代だ。

ニーチェが生きていた時代は、まだ宗教によって色んな物事が決められることが多かったんだよね。

ニーチェは神は虚構の存在と思っていたんだ。

神とか霊とか「今ここに」存在しないような存在によって、人の人生だったり健康だったり現実的により重要なことが軽く見られていることに違和感を持ったんだ。

 

だから、今までのキリスト教的な価値観と決別するっていう意味を込めて、彼は「神は死んだ。」と言ったんだ。

 

「超人思想」の誕生

 

ニーチェは、人間の生きる源というのは「力への意思」であると思ったんだよね。

この「力への意思」って何かと言うと、簡単に言うと、もっと今より良くなりたいっていう向上心や、理想に近づくための努力のことを指しているんだ。

 

その意思を最高に高めたのが「超人」であり、人間はみなこの超人を目指そうと言っているんだね。

 

逆に、ニーチェは「弱者は強者(超人)に対してルサンチマン(妬み・恨み)を持つ」って考えたんだ。

ルサンチマンを持つから、弱者が「貧しい方が幸せになれる」と信じたり欲望を否定したりするようになる。

ここでも、キリスト教の「清貧」精神や禁欲主義の否定が現れているね。

 

超人ならば、自分の運命をまるごと愛せ。

 

ニーチェは、超人になるためにはこの世の永遠回帰を乗り越えなければならないって言っているんだ。

永遠回帰ってなにかと言うと、『目標や価値が無に帰すのみならず、無や無意味が永遠に続く(小野塚 2007:21)』状態のこと。

 

言い換えると、この世界は無意味でその無意味は世界は終わりなく続くって言っているんだよね。

やばいよね。

 

でも、ニーチェは「超人ならこの終わりなき無意味な世界を愛せ」って言っているんだよね。

やばすぎだよね。

 

でも考え方を変えてみると

自分の人生がどんなに最悪なものになってしまっていようとも、その人生を肯定して生きろ

というメッセージがそこには込められているんだ。