「社会不適合者」サバイバル~仕事がうまくいかないあなたへ【楽に生きれる生き方を伝授】

生き方
もんくま
もんくま

今日も上司に怒られてしまった…。やってもやっても失敗ばっかり。組織にうまく馴染めない人ってどうやって生きていけばいいの…?

今回は、組織に属して働くことが難しい人に、別の生き方を提案するよ。大丈夫。社会は思っているより多様だから。

この記事を見ている方は就活うまくいった?

会社にもうまく馴染めている?

人間関係も楽しい?

仕事もうまくいっている?

 

そんな人はこの記事を読まなくても大丈夫。仲間と力を合わせて目の前の仕事にまい進するその生き方はとても尊いと思うんだ。

ただ、そうじゃなくて今つらい状況にある人はぜひ読んでみてほしい。

 

「社会不適合者」でも生きていく方法

少し自己紹介すると、ぼくも「社会不適合者」と呼ばれているような人の中に入るんじゃないかなと思うんだよ。

 

なかなか四回もクビになったりしないよなあ…。

それでも今自由に生きていけているんだよ。

・実働一日3時間

・それでいて、生活できるくらいの収入がある。

 

これから、生きる難易度を下げる方法を解説していくよ。

 

環境を変える

これが圧倒的に効果がある方法だ。

まずはとにかく環境を変えてみる。

 

今いる場所がたまたま自分と合わなくなっただけかもしれないから。

 

「置かれた場所で咲きなさい」

色んな場所で言われているこの言葉だけど

必ずしも置かれた場所で花を咲かせようとしなくていいと思うんだ。

置かれた先が栄養がまったくない荒野だったり

固いコンクリートだったりしたら咲けるものも咲けなくなってしまうから。

 

例えば、今ぼくはカンボジアにいるんだけど、カンボジアだったら月に三万円もあれば生活できちゃうんだ。

 

三万円なんてバイトでもすぐ貯まっちゃうよね!

また、国まで変えてしまえば文化もまったく違うから、気持ちも新たにできそうだしね!

 

ネットで稼ぐ

そうは言ってもいきなり海外はちょっと…。

でも、日本の企業で働ける気もしない…。

 

そういう人も、今はネットがある。

ここでは詳しく書かないけど、プログラミングでもいいし、ライターでもいいしアフィリエイトでもいい。

 

ぼくも、これでだいぶ楽になったんだ。

 

たとえば、ライターならクラウドソーシングというサービスに登録しさえすればすぐに案件が見つかるから、すぐに始められる。

ランサーズやクラウドワークスなら特に案件も多いから、自分ができそうなものからやっていこう。

月三万円くらいだったらすぐ稼げるようになるよ!

 大丈夫。世界は広くて多様だから。

ぼくは今うまくいっていなくても大丈夫だと言いたい。

 

今いる場所が世界のすべてじゃないから。

世界は多様で色んな一面があるから。

 

今いる場所で「社会不適合」でも

別の世界で生きていければいい。

 

あなたを受け入れてくれる場所は、きっとある。

 

最後に、ぼくの大好きな曲であるRAM WIREの「歩み」の歌詞の一部を紹介して終わりにしたいと思う。

とっくに折れてたものを

なにくわぬ顔で隠し続けてたね

もう立ち止まっていいよ

少し休もう

 

うまく歩かなくていいから

一歩ずつ君らしくあれ

ぼくらはしゃがみ込むたびにそう

そこに咲く花を知る

―RAM WIRE 歩み