【今日のカンボジアニュース】プノンペンの交通警察がノーヘルドライバーの一斉取り締まりを開始した

【今日のカンボジアニュース】プノンペンの交通警察がノーヘルドライバーの一斉取り締まりを開始した生活
【今日のカンボジアニュース】プノンペンの交通警察がノーヘルドライバーの一斉取り締まりを開始した
もんくま
もんくま

カンボジアの最新情報を知りたいくま!

ヴェーハー・K・タツヤ
ヴェーハー・K・タツヤ

それじゃあ、今日のカンボジアニュースを見ていくことにしようか!

今日のカンボジアニュース:プノンペンの交通警察がノーヘルドライバーの一斉取り締まりを開始した

※以下の文章は、2019年7月23日のThe Phnom Penh Postの記事を独自に翻訳したものです。(同じことを繰り返している文章は省略したり結合したりしています。)

 

月曜日、道交法の遵守を強化するために、ヘルメットを着用していないバイクドライバーや乗客の一斉取り締まりを行った。

日曜日に、交通警察長のThetは、今週の月曜日から交通マナーの向上を目指したキャンペーンの実施を告げた。

交通警察チーフのSem Sokuntheaの報告によると、キャンペーンの初日、少なくとも249名のノーヘルドライバーを検挙したそう。

またSokuntheaは、「私たちは罰金を科すようなことはしない。その代わりに、ヘルメットを着用するように教育し、その後はドライバーを解放する。」と話した。

 

当局は以前に、警察は昼夜16か所に配備され、ヘルメットを着用していないドライバーを一斉に取り締まると述べていた。

しかし、昨日のSokuntheaの供述によれば、コーピッチに至るまでの道(ワットプノンの北側)とロシア通りを中心とした5か所で集中して取り締まりを行うことにしたのだそう。

他には、Bokor(モニボン通り南)、毛沢東通りとノロドム通りの交差点で取り締まりが行われるとのこと。

 

キャンペーンが始まる月曜日の朝、Thetは、警察は市民のロールモデルにならなければならないため、常に道交法を遵守し、ヘルメットを着用するように全警察官に呼びかけた。

国交省のKong Ratanak長官は「カンボジア人が法律の遵守を学ぶ良い機会だ。法律をみなが遵守すれば、より安全な社会になるだろう。」と、このキャンペーンを歓迎した。

 

コメント